« 2007春のミニローバーセミナー | トップページ | 北多摩地区へのリンク »

木下沢交流会_070321

こんにちわ、先週の水曜日に木下沢で野鳥観察をしてきました。あまり、自分は野鳥観察はした事なかったのですが、色々と勉強になりました。

その記事は北多摩地区のローバースHPに書いてあります。時間があれば読んでみてくれたら幸いです。
http://kitatamarovers.seesaa.net/

最近は、地区やパックスでの活動が多くて、村6でのローバーとして活動できるチャンスが少ないという事がありますね。まぁ、それでも月に1度ミーティングをしているし、何も出来ないという訳ではないですし、簡単に出来る事でも何か面白い事を出来れば良いなーという気がします。

今日はVS隊からRS隊への上進式ですね。ローバースカウトとなるには、もう1つの過程があります。「叙任」とよばれるものなんです。現在は東京連盟では18歳からRSになるという決まりがありますが、これは県連によって様々です。本当は20歳までVS登録可能なんですよね。なので、VSからRSになる時期は大きく3つに分かれると思います。

1、18歳できっかしRS
2、18〜20歳の間で自分でふんぎりついたら上申・叙任
3、20歳できっかしRS

これは県連によって違います。東京連盟は1だし、お隣の千葉県連盟は3だし。昔、大学ローバーの人たちとこの事について話をした事があります。「VSからRSにあがるのはいつが適当なの?」

18歳できっかしRS派の人
丁度、18歳というのは日本の社会の中で、わかりやすい。みんな18でローバーになっちゃえ。

2、18〜20歳の間で自分でふんぎりついたら上申・叙任
3、20歳できっかしRS
富士章に挑戦するスカウトの為に、20歳まで猶予を持たせる方がいい。また、富士スカウトとしてVSで何か加えてプロジェクトをしたいという人もいる。などなど。

半年も前にした議論なのであまり覚えてないですけど。
フレキシブルな上進だと結構、やはり弊害といって良いのか分からないですけどちょっとしたズレがあると思います。
1、大学ローバー
大学ではローバー、地元ではベンチャーという登録の仕方も出来てしまうのですね。
2、日本ジャンボリー
同年代でベンチャーとして活動する人、ローバーで活動する人がいる。

以上は、個人的な考えです。まーとにかく、今日RSへと上進するスカウトがいる訳でローバークルーに新しく一人加わります。その報告は誰かからあるんじゃないでしょうか。ではでは。

<投稿者:アシスタントクルーリーダー>

« 2007春のミニローバーセミナー | トップページ | 北多摩地区へのリンク »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木下沢交流会_070321:

« 2007春のミニローバーセミナー | トップページ | 北多摩地区へのリンク »